「任意売却、債務整理のご相談」東京、横浜 不動産コンサルティングのご相談は「山本不動産事務所」

任意売却とは、住宅ローンや会社借入金などを延滞・滞納し、「借入金が払えなくなったとき」「競売開始決定・差押がなされたとき」に、担保になっている不動産を自主的(任意)に売却をして、借金の返済・清算をすることです。
昨今の不況下で手取りやボーナスが減ったため、返済計画が大きく崩れ、せっかく手に入れたマイホームを手放さざるを得ない方が増えています。
「払えなくなったから仕方がない」と言って何もしないでいると、あっという間に「競売」になり、市場価格よりも安い金額で売却された結果、さらに増えた債務をかかえて生活していかねばなりません。

「競売」の前に任意売却手続きを

任意売却で物件を売却するのは一般的な住宅の売却方法と変わりません。よって競売よりも高く売却することができます。
ただし、延滞・滞納が原因で任意売却をする場合、ほとんどが売却金よりも借入金の残り(残債)が多く、売却しても全額返済ができないことが問題となってきます。

山本不動産事務所では、任意売却を含め、ご相談者様に少しでもメリットのある債務整理方法で、その後の生活の安定と再建をお手伝いいたします。

当社の債務整理方法の特徴

  • ご相談者の希望を第一に、将来の生活につながるご提案をします。
  • 債権者からの支払催促の電話や郵便物を止め、精神的なプレッシャーを無くすなど、日々の生活を過ごして頂く事を心がけています。
  • ご相談者様の盾となり、弊社が債権者との折衝をします。
  • 相談内容によっては、弁護士・司法書士などの専門家を交え解決に導きます。

お早目のご相談で有利な債務整理を

競売より有利に債務の解決ができる任意売却ですが、その為には早めの行動が重要です。
※競売の処理スピードが大変早く、裁判所から競売の通知がお手元に届いてから4~6ヶ月程度で落札されてしまいます。
滞納前にご相談いただければ、ローンの返済方法の見直し(リスケジュール)交渉ができますし、滞納1ヶ月~3ヶ月でのご相談であればより有利な条件で任意売却することができます。
『競売開始決定通知』が届いたら、早急にご相談ください。

山本不動産事務所はご相談内容に合わせ、最善の解決策をご提示させていただきます。

こんな「困った!」を解決します!当てはまる方はご連絡ください。

▲このページの一番上へ